サプリメント博士を目指す美容ブログ

サプリメント博士を目指す美容ブログ

褒められるほど美肌と言われる私の秘密をアップします。

サプリメント博士を目指す美容ブログ

 

私は年齢37歳です。でも肌荒れもそんなにしませんし、そこまで美容の鬼になってもいません。でも同年齢の人と比べるとはるかに肌の質が良いし羨ましいと言われます。その秘訣とは、美容の鬼になり、美意識高く持ち食べ物から睡眠から行動までガチガチになることはありません。必要な時に必要な自身で学んだ事がある美容方法が頭の中で割り出され、直感により美容マッサージや美肌から遠ざかる生活習慣にならないようしています。

 

例えば、夜の寝る前にトレーニングする人が多いですが夜遅すぎると美容マッサージせずに翌朝してます。必ずしも寝る前にケアという概念は捨ててます!しかしこれが美容マッサージを継続する意味でモチベーションとなっていますし、実際に美肌になっていると思います。温泉に行けば、美肌になれる温泉が多いと思います。実質的には、心身からリラックスできるし、湯の成分の中に美容だけでなく身体の病にも効く何かしらはいっているのが温泉だから全身に良いのはわかります!

 

しかし、単に温泉に浸かるだけでなく温泉に入っている時も絶好の美肌トレーニング場となります。サウナに入っている時は、目元のタッピングやシェイクに、ツボ押しとか行えばサウナの熱さも紛れるし、程よく汗も流れて一石二鳥です。目元タッピング方法とかは、本来なら視力回復のための方法として用いられていますが、目元の若さ、目元のクマとかシワを防ぐための血行改善に効果もあります。

 

また温泉に入りながら湯の成分をしっかり肌に手ですくって押し込むようにもしています。美肌の秘訣、ゴシゴシ洗いは絶対やりません。洗顔フォームつけても地球を包み込むようにしっとりなめらかに洗顔します。安くてもUV対策するため100円ショップのUVクリームをたっぷり塗って出かけます。

 

それ以外ならパウダーファンデーションを顔に塗ってお出かけします。パウダーファンデーションはUVクリームと同じくらい肌を保護する成分が入っているものが多いからです。夜寝るときには馬プラセンタサプリを毎日のんだり生活習慣を変えることから始めると良いでしょう。
参考:http://xn--vcklm8gd4a5fei0gy556hf8fp37i.com/

 

 

ちょっとした工夫で美肌にはなれます。コツというより意識

サプリメント博士を目指す美容ブログ

 

日頃からちょっとした工夫さえあれば美肌にはなれると思います。工夫しなかったら普通に年相応の肌質になる人も多いようです。その工夫とは、精神状態と肌の状態とは比例しています。なので、怒りとかイライラやネガティブや不安は美肌を作る大敵です。これを知らずに、すぐにキレたりネガティブ思考になると肌にも影響する仕組みとなっています。

 

現に、怒って怒鳴った直後に鏡を見ると、これ私?みたいな表情になっているものです。ネガティブ思考や要素ばかりでは、どんなに高額なメイク用品など揃えてもエステに通っても、美容効果は極端に薄れます。まとめて言えば「美肌に見えるかどうか、心の持ち方に影響する」です。美肌とストレスの影響は大きいので、ちょっとした工夫でストレスを溜めないようする必要があります。

 

体内のストレスを流し込むため代謝をアップさせないと行けません。そのために一日1リットル前後のお水を飲む事が必要です。水の流れが新陳代謝をアップさせるのでしっかりお水を飲んで身体の中から綺麗になる必要があります。水分と言ってもコーヒーやジュースは尿として出されるのでそんなに効果はありません。美肌になるためには今の一番暑い時期の外出先での注意も必要です。

 

汗が顔に出ていたらハンカチやタオルなどでこまめに拭いてやることです。そのままほおっておくと肌に影響悪く乾燥肌、ダメージで吹き出物肌の原因にもなります。そしてパウダーなどで汗を拭き取ったら、はたくことをオススメします。パウダーファンデーションなど持参していると便利かもしれません。はたくという意味でリキッドよりも効果的です。

 

日頃から温泉や岩盤浴に行く習慣をつけることです。単に美肌効果があるからでも良いけど、ここで重要なのは温泉や岩盤浴のデトックス効果です。心身に溜まった活性酸素、乳酸など疲労物質など心地よい汗でデトックスさせることで肌にも良い影響を与えるのです。温泉は、できたら一週間に一度くらい行くことをオススメします。

 

 

今年も夏肌の季節になり汗対策などしています

 

毎年7月中旬すぎで、つゆが明けましたというニュースをネットなどで見ると、スキンケアの汗対策の季節になったな~と思います。5月の夏日のあった頃からつゆ期間も、歩いていたり掃除や食事の用意などしている時には、ふっとにじむような汗かいていましたが夏本番の気候。座ったままパソコンしていても、扇風機だけでは時間が経過するにつれて室温は上がるし体温も、夏気候でのスキンケアは気温からの汗対策に尽きるような気がします。

 

脂性肌で比較的丈夫という肌質ならテカリなど皮脂コントロールですが、普通肌だけれど部分的にデリケート肌はこまめな汗拭きがまず必要ですね。暑いと言いながら帰宅したら全体的に汗を退かせてクールダウン、こういう時専用のタオルを固めに絞って軽くフェイスラインの汗成分をおさえるように。とりあえずこのひと手間で肌の感じが落着けばメイクオフは夜時間に、必要と思えて時間があればメイククレンジングしてフェイスマスク、昼時間にしては贅沢なスキンケアですよね。

 

この時間帯で洗い流したら入浴のときはひと肌程度のお湯で流すだけ、昼時間は使っても就寝前の時間はゆったりできるし、この方法だと午後からの気温のピークに肌ごこちの良さを実感できます。こんなふうにしていても夏気温からコンディションが優れないというときは、その箇所だけ医薬品の塗り薬でしのぐということもできます。9月の中旬ころまではたぶんこれくらいの気温、朝から一日すごせば汗かくのは一日で数回はあり、日本女性の肌はデリケートと言われるんですから夏の肌悩みは生じるものですね。

 

できれば最近の夏気温でも肌丈夫と悩みなしですごしたいですが、気候から肌疲れするのは普通のことだし、スキンケア時間はこの季節の癒しの時間にもなってくれます。スキンケアのための化粧品選ぶのもいいなと思えるんだし、素気ないスキンケアよりトレンドは感じられて、美肌というには夏気候の肌はハイテンションですが少しでも健やかに。

 

 

美肌のためにはまず保湿!

 

10代・20代は何もせんでもそれなりに何とかなっていた私。しかし、30代も後半に入ると、そうも言ってられなくなりました。とりわけ深刻なのは、やっぱり乾燥!冬はもちろん、春の花粉の多い時期も夏の紫外線の強い時期も、外に出ていると肌から水分が抜けて行くのがわかる!なので、とにかく何をおいても、保湿に気合を入れるようにしています。今、私が実際にやっているのは、①朝の保湿パック。

 

無印良品の高保湿・敏感肌用の化粧水をシートマスクにびたびたになるまで浸して、顔に3分ぐらいパックする。朝、出かける1時間前に入念にやって、肌にこれでもか~!というくらい水分を入れるのがポイントです。②スキンケアのラインを全部保湿専門にする。私は乳液とクリームはアルビオンのエクサージュを使っているのですが、一番保湿効果の高い「モイスト」のシリーズ、それも油分が多く含まれる3番を使っています。

 

要するに、表面に油を塗ることで、水分の蒸発を防ぐのです。③加湿器を使う。貧乏なので(泣)、本格的な加湿器は持っていないのですが、無印良品の加湿機能付きのアロマフューザーを使っています。小さいですが、結構蒸気が出るのでかなり頼りになります。アロマが同時に楽しむことができるのもウレシイ。④クレンジング・洗顔をやりすぎない。これは皮膚科のお医者さんから言われたもの。

 

メイクや汚れを落とすのは大事ですが、特に乾燥肌・敏感肌の場合、あまりクレンジングや洗顔に気合を入れすぎてしまうと、症状が悪化してしまうことがあるそうです。私のご紹介した方法、いかがでしょうか?女子(および男子も)のみなさん、今日も美肌目指してがんばろう!

続きを読む≫ 2015/10/27 14:35:27

紫外線を防いで美肌を目指す!守りたいポイントとは?

 

紫外線が強くなる季節がやってきました。美しい肌を保つには、この紫外線からお肌を守るケアを怠ってはいけません。紫外線はお肌のコラーゲンを減らし、シワをつくったり、日焼けによるシミの原因となることは多くの方がご存知かと思います。出来れば日光に当たらないのが一番ですが、そうはいきません。日頃から徹底的に紫外線対策をしておくことが、美肌につながると思います。

 

まず、衣服や帽子、手袋、サングラスなどで紫外線を防ぎましょう。最近ではどんなアイテムでも、UVカット加工がされているものが多数出回っています。ストールやパーカーなどもあります。そういったUVカット衣料を着用して紫外線からお肌を守りたいものです。それから、日焼け止めを使用すること。ちょっと買い物に行くだけだからといって、日焼け止めも塗らずに外出するのはご法度。

 

特に日差しを浴びやすい箇所にまんべんなく日焼け止めを塗ります。腕の内側や首の後ろは塗り忘れが多いので、特に注意します。曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。赤くなってしまうほど日焼けしたら、氷などで冷やしましょう。それから肌に優しいローションなどで保湿をたっぷり。これだけでもだいぶ効果があります。最後に、日焼け止めは塗ったら落とすことも大事。

 

きちんと落とすことで、肌への負担を軽減します。ウォータープルーフの日焼け止めを塗った場合は、専用のクレンジングでしっかり落としましょう。落したあとは、やっぱりローションで保湿をします。これで、美肌を目指して頑張りましょう!!

続きを読む≫ 2015/10/27 14:35:27

美肌への道は保湿に尽きる

 

美人もそうでない人にも平等に訪れるのが肌の老化。だけどその老化をちょっとでも遅らせることは可能である。いろんな美容法が蔓延するこの世の中で、一番簡単で確かな美肌ケアは保湿。お肌の表面には皮脂膜というものがあり、劣悪環境から最大限に肌のバランスを崩さぬように守っていてくれる。その皮脂膜が良い働きをしてくれるには、乾燥を避け、水分バランスをいつもキープして置くこと。

 

高価な栄養クリームでなくとも、アルコールフリーのローションで毎日欠かさずコットンに含ませてパックするのが結構な効果を実感できる。お肌が砂漠のように乾燥してしまうと、いろんなトラブルが待ち受ける。水分がしっかりキープされたお肌には、弾力と艶も仲間入りしてくれるもの。私は保湿こそが美肌を約束する鍵と、自らの肌質克服をもっても断言できる。もうすぐ50代になろうとしている私ですが、目尻にシワが目立たない現在を送れているのも、30代頃から保湿を意識してセルフケアを続けてきた賜物と確信している。

 

ブラウスを思い出してもらうと判りやすい。綿ブロードのブラウスは、洗濯の後には、どうしてもゴワゴワしていてシワっぽい。そこへリネンウォーターや霧吹きで水分を与えると、シワが取れてキメの整った風合いになる。ジョーゼットのブラウスだとどうだろう?しなやかな素材が、ゴワつかず、シワになりにくいので、いつもツルンとしている風合い美人もそうでない人にも平等に訪れるのが肌の老化。

 

だけどその老化をちょっとでも遅らせることは可能である。いろんな美容法が蔓延するこの世の中で、一番簡単で確かな美肌ケアは保湿。お肌の表面には皮脂膜というものがあり、劣悪環境から最大限に肌のバランスを崩さぬように守っていてくれる。その皮脂膜が良い働きをしてくれるには、乾燥を避け、水分バランスをいつもキープして置くこと。高価な栄養クリームでなくとも、アルコールフリーのローションで毎日欠かさずコットンに含ませてパックするのが結構な効果を実感できる。

 

お肌が砂漠のように乾燥してしまうと、いろんなトラブルが待ち受ける。水分がしっかりキープされたお肌には、弾力と艶も仲間入りしてくれるもの。私は保湿こそが美肌を約束する鍵と、自らの肌質克服をもっても断言できる。本当は単純なメカニズムを知っているようで知らない女性たち。肌の汚れを適度に取り除き、そして充分な保湿を補うことが、美肌を手に入れる術なのだ。

 

 

続きを読む≫ 2015/10/27 14:35:27

お肌の綺麗な人が好きな食べ物

 

結構いい年なのにお肌の綺麗な人っていますよね。女優さんがお肌が綺麗で「特別なことは何もしていませんよ」と言っても「どうせエステや高い食品使って色々してるんでしょう」と全く信じないのですが、そこらへんにいるおばさん、おばあさんでもとても綺麗な人がいて何を使っているんだろうと聞いてみたくなることありませんか?時々、恥をしのんで見ず知らずの方に聞いてしまうことがあります。「化粧品は何を使ってますか?」とか「何か意識して食べてるものとか好物ってありますか?」と。その辺にいる人だからこそ参考になるものがあるんじゃないかって興味津々で。

 

だって簡単な事ならば真似しない手はないですから。そこでよく聞くのが「納豆が好き!」という言葉。納豆。あまり好きではない。ネバネバしてるし、臭いし美味しいとも思いません。が、発酵食品を取っている人に美肌が多いのは間違いないような気がします。味噌、キムチ、ヨーグルトなどもそうですね。納豆に含まれているビタミンB6には過剰な皮脂の分泌を抑える効果があるそうです。、肌の再生を促す効果も肌荒れを防ぐ効果もあるとなれば食べるしかない!という感じです。この発酵食品は朝よりも夜に取った方が効果的だそうです。夜、取り入れて美肌を目指すぞ!と早速納豆購入。キムチ納豆なんてとても良さそうですよね。

 

毎日続けたらお通じも良くなりそうだし体の中から綺麗になっていくような気がします。とにかく何でもすぐに結果を求めずにゆったりした気持ちで取り組むのも美肌への近道ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:34:27

美肌への第一歩

 

40歳を越えた頃から、急激に肌トラブルに悩まされるようになりました。出産を機に、吹き出物からは縁遠い生活をしていたのですが、それまでと同じ化粧品を使い続けていてもなぜか吹き出物ができるようになり、さらに肌がくすんで黄色っぽくなり、ほうれい線も目立つようになってきました。ずっと年齢より若いと言われて続けてきたのに、ママ友に老けて見えると指摘を受けてしまいました。

 

そんなときに、肌のきれいな義理の姉妹に美肌への秘訣を聞いてみました。私よりずっとずっと手間をかけていると思ったのですが、まずは朝の洗顔は水だけで洗っているとのことでした。今まで長らく朝の洗顔にも石鹸を使い続けてきたので半信半疑でしたが、義理の姉妹の実証済みの肌を見て、即実践してみました。すると、どうしたことか吹き出物から解放されました。手間をかけてまで、余計な脂をとっていたのかとがっかりしました。

 

他に実践したことと言えば、とにかく化粧水をたっぷりと使うことと、週に2,3度は夜にパックすることでした。化粧水の量を増やすとコスト高になり、主婦の私には続けられそうもないと思い、それまで使っていたものよりもコストダウンしたものにしましたが、フェイスシートに染み込ませ、ダイソーの「シリコーン潤」というマスクを上からのせてパックを続けました。これをやることで、目立っていた毛穴が小さくなってきました。欠かさずに続けて、毛穴レスを目指したいと思いました。

 

乳液もべたつくのであまり使わないようにしていたのですが、100円玉位を手にとって使うようにしました。塗りたてはべたついてイヤなのですが、なんとなく目尻のシワが目立たなくなってきたと実感してしまいました。美肌のためには、シンプルでも丁寧なケアが大切だと思いました。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:34:27

楽に美肌になる方法

 

美肌になる為に毎日せっせとお金と時間を費やしていませんか?私も物心ついころからずっとそうでした。基本きれいな肌ではない私。ニキビ、乾燥、テカリ、毛穴の開き、皮むけなんかは当たり前。顔にトラブルがあることが普通でした。ですから美肌になるの為にはいろんな事に挑戦することに何の抵抗もないのです。現在に至までチャレンジと模索の生活で、これが私に合っていると思い使いつづけているとやがてお肌が慣れるのか、もとのトラブル肌に戻ってしまい、また新たな開拓へと進んで行っていました。

 

そんな苦労の末たどりついたのが肌断食です。少し前に話題になっていたらしいのですが、当時は必死に模索していたのでそんな情報は入ってきませんでした。肌断食はご存知の通りお肌に何もしないということ。ただそれだけです。何にもしないと言う事をしていくだけです。何もしなくていいなんてなんて楽なんでしょう。掃除洗濯しなくていいなんて言われたらラッキーと思うでしょう。それと同じです。ラッキーなんです。

 

なにもしてなくてもお肌はキレイになります。化粧水、乳液類は当然つけません。洗顔はそろそろお肌が洗顔を希望していると思ったらお風呂で石けんを沢山泡立てて洗います。週2、3回位。でも朝はそんな希望は大体無いのでお水でぱしゃぱしゃ流す程度。また乾燥が気になるとお肌が言ってきたら白色ワセリンを米1粒分ぬります。私のケアは以上です。もちろんメイクもいっさいしていません。かれこれ半年になります。ニキビはほとんどできなくなり、テカリがまったくなく一日中サラッとしています。

 

むしろ程よい油分がお肌にのっている感じ。毎年冬になると鼻の頭や頬の皮が剥けていたのに今年はありませんでした。毛穴も明らかに小さくなっています。肌本来の健康な状態に戻ったような気がします。いろいろな物を肌に塗りたくっていてかえって負担をかけていたのがよく分かりました。今は肌と意思疎通ができておりヒアリングができています。

 

結局肌は汗や皮脂を出す排出器官であるので外から中へ何かが浸透していくということはないということも理解できました。化粧水や美容液などは肌表面にしかのっかっておらず浸透というか広がっているだけなんだと思います。その広がった不要なもののおかげできちんと古い角質なんかが剥がれて落ちていくことができず、いわいるターンオーバーが乱れてしまいます。なにもしなければ自然と剥がれていくのでターンオーバーのサイクルを正常にしていくことができるのです。

 

正常なサイクルになるまでには結構時間はかかりますが「化粧品を使う→よくならない→もっと化粧水を使う→よくならない→もっともっと使う」という悪循環にのってしまう前に一度肌断食を試してみるといいかと思います。ただ女子にこの話をすると大体みんなにひかれますのでご注意ください。また、その人に合う合わないもあると思うので一概には言えませんが参考にしていただければと思います。

続きを読む≫ 2015/10/27 14:34:27
ホーム RSS購読 サイトマップ